瓦を用いた温熱療法について

冷え取り瓦・長久とは?

<鍼灸師が考えた瓦による温熱治療>

「冷え取り下・長久」とは、

旧国名の 「三河国」では奈良時代から瓦が作られ、ここを流れる矢作川の粘土はきめが細かく高品質で、瓦の材料として重宝されてきました。

製造は、経済産業省が認定する「伝統的工芸品」・「 三州 鬼瓦」の制作を担う職人さんで、一枚一枚手作りの世界に一枚のものです。

また、身体に触れるものなので気持ちよくお使いいただけるようにと、 成形時に鹿のなめし革で丁寧に磨いており、手作りならではの 滑らかな曲線と手触り、お腹や腰にフィットする形状を実現しました。

冷え取り瓦・長久を用いたほまれの施術の特徴

ほまれでやっている治療の説明を挿入

写真差し替え要

詳細記載

(Visited 5 times, 1 visits today)